TOP > エンタメ > 珍しいキノコ舞踊団:20分後の自分と。

珍しいキノコ舞踊団:20分後の自分と。

ちょっと前にその存在を知って気になっていた珍しいキノコ舞踊団。最近はニチレイのアセロラドリンクのCMで仲里依紗さん、光浦靖子さんと一緒に踊っているので知ってる人も増えているのでは。

珍しいキノコ舞踊団20周年公演

で、昨日20周年公演の初日に行って参りました。感想は・・・

寒かったけど、楽しかった!!!

会場は何と、3331の屋上。実は3331は気になっていたものの今まで行く機会がなかったんですが、とってもオサレ空間ですねー。末広町にある感じはしないww 中学校をリフォームしてこんな空間ができるんだー、と感動しました。でも中学校らしさも存分に残っているので、新しいんだけどすごく懐かしい雰囲気なんです。そう、それで、今回の公演はこの建物の屋上でおこなわれたのです。

>>>3331のホームページ

さて、キノコは屋上をどう料理したのか?

会場である屋上に入ると、ステージ(どこからどこまでがステージなのかは少々不明)の前にお風呂で使うようなプラスチックの椅子が4列に並んでいて、その後ろにかなりのスペースを空けて、雛壇のような席ができていました。風呂椅子とは斬新な・・・。これは3331の持ち物なのか、キノコが持ち込んだのか??でも持ち運びにもかさばらないし、便利かも・・・などと感心しながら、とりあえず前の方の席に陣取りました。

ほどなく公演スタート。

アラブ調なキラキラしたアーケードのようなセットが自在に動くことで空間を切り取り、そこを踊り手さんたちが縦横に駆け回ります。踊りは何と言うか斬新な・・・w ジャンルとか関係ないんだろうなー、とか、このダンスには振り付けが本当にあるのか??とか色々なことを考えながらも目が離せない。しかも皆さん本当に表情が豊かで、たっぷり楽しませていただきました。

途中前方ステージでソロダンスがおこなわれているにも関わらず、後ろのスペースで他の人もソロダンスを始めたり、フォークシンガー小象が乱入してきたりと飽きることがありません。

ただ、昨日は10月なのに11月下旬の冷え込みと言われたほど寒かった日。もうそろそろ限界かなーと思い始めた頃、突然「さぁ、お客様立ってください〜♪ステージを移動します〜♪」みたいな歌が始まって、祭りが始まりました。何せただのだだっ広い屋上ですから、どこをステージにしても良いわけです。キラキラアーケードが動いた場所がステージになって、いろんなところでパフォーマンスが始まります。まるでお祭りで露店が立つかのように人垣がいくつかに分かれます。あぁあっちも見たいけど、こっちも捨てがたい、みたいな岐路に立たされるわけです。

最後はシャボン玉しゃわしゃわの紙テープ飛びーの、の幻想的なエンディングで、その後お客さんも一緒に踊ってすっかり暖かくなって終了しました。

また機会があったら是非行きたい。

それにしても踊り手さんたちが皆な肌が綺麗だったのが印象的でした。やっぱり踊ってるから代謝がいいのかしら。

あ、そう言えば何が20分後の自分と。なのかは不明なままだった・・・。

少しですが当日券もあるようです。日曜日までやっているので、お時間のある方は是非。

>>>珍しいキノコ舞踊団HP >>>e-Theatrixインタビュー
LIFE ~珍しいキノコ舞踊団舞台音楽集~
LIFE ~珍しいキノコ舞踊団舞台音楽集~ammakasie noka キノコダンサー

NovelCellPoem,INC 2008-10-16
売り上げランキング : 199149


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ポチッぴかぴか(新しい)と♪ ⇒⇒にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
   



2010年10月28日 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。