TOP > 編み物 > リネンサーフの羽織もの、身頃編み終わり

リネンサーフの羽織もの、身頃編み終わり

台風すごかったですね。明日はまた東北の方ですごい雨のようなので、地域の方は十分にご注意くださいますよう、皆さんのご無事をお祈りしております・・・。もう洪水の映像とか、死者が何名とか、本当にテレビをつけていられません。


さて。そんな中でも秋の足音が近づく中編み進めているリネンサーフの羽織ものですが、悩んだ結果、ラグランスリーブに挑戦してみることにしました。袖を編むこと自体嫌いな私が、減らし目大絶賛パレードなラグラン袖なんてとんでもないと思ったんですが、着やすさを優先させてみました。(つもり・・・)

knitting_110905.jpg

減らし目はうまくいった感じなんですが、あとは袖とつないだ時にすごいパフスリーブになっちゃったり、ずっと万歳してなくちゃいけない羽目にならないかが心配です・・・。でも未経験者の私は今の時点で並べてみたところで予測ができない状態。つないでみてオーマイガーッということにならないことだけを祈るばかり・・・。なむなむ。

しかし糸がなくなるのが怖くてケチったせいで、予定よりも長さが大幅に足りません・・・。現時点でちょうどウェストくらい。これから襟部分を編むとは言え、まだ3玉残っているという計画性の無さ。でも計算するの面倒で、その計算が間違ってて糸が足りないという事態を避けたくて、袖ぐりの減らし目始めてしまったんだもの。いたし方なし。

段染め糸と交互に編んでたあたりはリネンの編み地が汚いなー。テンションが安定しなかったんですよね。ちょうど模様がなくなったあたりから少しマシな編み地になってますよね。あそこからは一心不乱に編んでるので、キュッとしまった良い編み地になっているのです。はい。

しかしゲージ23目30段だと、目をはぐのも大変ですね。今日は袖1本でギブアップ。いや、もう1本はいだんですけど、適当にはいだらはぎ終わりの段数が合わなくて最初からやり直しです。とほほー。


話は変わりますが、昨日は目黒のさんま祭りでしたね。ニュースで見たら宮古のさんまが使われたとのことで、ちょっと気持ちがほのぼのしました。それに触発されて今日は美味しいさんまを食べに小料理屋さんに行ったんですが、福島沖で獲れたさんまは市場でも全く売れなくて大変だそうですよ。早く収束して欲しいですね。

最近は秋のフルーツ三昧で超幸せです。桃、梨、巨峰、いちじくを毎日くるくる食べていますぴかぴか(新しい)

ポチッぴかぴか(新しい)と♪ ⇒⇒にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
   



2011年09月06日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 編み物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/224480105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。