TOP > 美味しいもの♪

日本一辛い黄金一味


この前大阪出張に行った時に発見した「日本一辛い黄金一味」なるもの。辛いもの大好きな私としてはとっても気になるじゃないですか。当然買います。

ところがこの代物、飛んだ食わせ者で。いや、その表現には間違いがあるな。ビックリすること1万里。

あまりにすごいのでネットで調べましたよ。
以下がサイトからの注釈:
「江戸中期の本草学の学者、平賀源内が当時の唐辛子の種類を記載している書物の中で、指上(さしあげ)と命名しているのがこの日本一辛い現代名、黄金(おうごん)唐辛子です。
この黄金唐辛子は絶滅の危機にありましたが、幸運にも現在まで存在し続けております。
この黄金唐辛子は国内産の唐辛子の中で最も辛いとされる鷹の爪の10倍の辛味成分(日本食品分析センター調べ)を持っています。しかし、ただ辛いというだけではなく、風味や香りも優れた唐辛子です。」(from INOBUN)
黄金一味瓶詰

本当に黄金なんですよ>>>
ポチッぴかぴか(新しい)と♪ ⇒⇒にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
   



美味しいお店>渋谷>LeRoux


お友達お勧めのイタリアンレストランに行ってきました。
渋谷のNHK放送センター西口に程ちかいところにあるそのこじんまりとしたお店はとっても美味しいランチを食べさせてくれます。

お店には小さなバルコニーもついていて、外でもお食事できますが、店内の内装がイタリアの田舎町のトラットリアのような良い気分なので、店内でのお食事をお勧めします。

とにかくランチの全てが美味しかったのでご報告します☆
060605_0000_x007E_01.jpg

ランチの全てを見る☆
ポチッぴかぴか(新しい)と♪ ⇒⇒にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
   



女子のココロをつかみ続ける「梅」という存在。


何を隠そう私は大の大の大の梅好きです。

お店で「梅」とつくものを見ると買わずにはいられません。そして中毒のように食べ続けます。何か1つ「お気に入りと暮ら」さなくてはならないのであればそれは「梅」かもしれません…。

何で今まで特集にしなかったんだろう…。あまりにも存在は自分にとって当たり前すぎて、取り上げる気にならなかったんですね、きっと。

060530_0124_x007E_01.jpg
この前お友達からいただいた梅のお菓子がすごーく美味しかったので、それもあわせてご紹介♪台湾のお菓子なんですけど、女の子にはマジでおすすめです〜☆

この梅の正体はコチラ☆
ポチッぴかぴか(新しい)と♪ ⇒⇒にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
   



皇朝の黒豚餃子:ジューシーもっちりで旨い


肉まん&餃子&シュウマイ.jpg 横浜の中華街でいつも行列ができている皇朝点心舗のお得なセット(左の写真←)が通販されてたのでお試しに買ってみました。

今日、クール宅急便で冷凍品が届きました。一人暮らしにはちょっと多いかなぁ、という感じですが、冷凍なのでちょっとずつ食べられるし、便利そうです。
セットの中身↓(肉まん、餃子、シュウマイ)                         実際に届いたもの↓
皇朝.jpg 060527_1202_x007E_01-1.jpg

で、今日は早速セットの中の黒豚餃子を試してみました♪

美味しい餃子はコチラ☆
ポチッぴかぴか(新しい)と♪ ⇒⇒にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
   



美味しいお店>日本橋>みやざき地鶏 丸久(人形町)


近年私が最も足繁く通っているのがこの店。人形町の甘酒横丁を1本外した通りにある、美味しい宮崎地鶏を食べさせてくれる丸久。

本当はずっと内緒にしておきたかったんだけど、最近随分と人気が出てきてしまっていつ行っても混んでるので、諦めてレポートすることにしました。

このお店は私の記念すべき1人飲みデビュー晴れのお店でした。当時の私は毎日帰りが遅いくせに「早く帰るつもり」で夕食を食べ損なう、という愚行を繰り返していました。その日も中途半端な時間に仕事が終わり、飲みに行くのも微妙、でもあまりの空腹で卒倒しそう、という状態のまま駅へと向かいました。

すっかり灯りの落ちた人形町を歩きながら(人形町は夜が早い)、いっそどこかでご飯を食べて帰ろうかと思ったり、まだ三十路に踏み込んだばかりで恥じらいはどこに行ったのっっと自分を罵ったり(?)したり…。行きつ戻りつしながらいつもの帰り道とは違う道に入ってみました。すると、見覚えのないお店の戸口から光が出ているのを発見。お店の前には“みやざき地鶏 炭焼 丸久”と書いてあります。

「はて。こんな所にこんなお店あったかな?」

いつも殆どその道を通ることがなかったので、今まで気がつかなかったんだろうなーと思いながら、ちょっと中を覗いてみました。すると、暖簾の間から見える小ぎれいな店内にはお客さんの姿はなく、カウンターの近くにお店の方が二人いらっしゃるのが見えました。

そのお二人がすごく優しそうに見えたのか、他にお客さんがいなくて安心したのか、ただ純粋に“みやざき地鶏”という看板に惹かれただけなのか・・・。今ではそれさえも定かではないのですが、私はおずおずとお店に入ったのでした。
060511_2108_x007E_01.jpg

その後の丸久についてはコチラ☆
ポチッぴかぴか(新しい)と♪ ⇒⇒にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
   



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。